香港独特な自殺法について

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

香港独特な自殺法について

昨日、博友(bó yǒu)👈(ブログで知り合った友達のこと)の自称、お節介じいさんから香港人のストレスに関するコメントをいただきました。そこで今日は香港人のストレスという話題をもとに、香港の独特な自殺法について皆さんに紹介しようと思います。

10年程前に、香港のトップスター張國榮(レスリー・チャン)が4月1日の夕方、香港中心部のマンダリン・オリエンタルホテルから投身自殺しました。彼の遺書には交友関係で精神的に疲れたなどと書かれていたそうです。トップスターを含めて、高層ビルから飛び降り自殺が続々と報告されます。

ここで話が変わりますが、どうして香港人は自宅ではなく、ホテルまた高層ビルから飛び降り自殺をするのでしょうか?その理由は、狭い香港では不動産の価格が非常に高いからです。もし自宅から飛び降り自殺したら、その不動産の価格はぐっと下がるからです。

香港人は最後の最後まで家族の人に迷惑をかけないように、自宅ではなくほかの高層ビルから自殺したりするでしょうね。

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

広東語と北京語の「早晨」

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

広東語と北京語の「早晨」

広東語も北京語も中国語ですが、発音が異なるだけではなく、文法上も若干違うところがあります。

「早晨」(zǎo chéng)は中国語で「朝」という意味で名詞です。

日本語の「おはようございます」は、中国語で「早晨好」か「早上好」に訳すのは皆さんもご存知ですね。

香港で広東語で朝、人に挨拶する時は「早晨」(ジョウサン)と言います。広東語の「早晨」は挨拶語になります。

一方、北京語は朝、人に挨拶する時には「早晨好」と言います。北京語の「早晨」はただ「朝」という意味しかないからです。

香港人の中国語(普通話)

香港人の中国語(普通話)

Youtubeでこの動画を見ました。香港人の小学生が中国語(普通話)で物語を語っているシーンです。とてもお上手だと思います。ほかの広東省出身の子供より発音がずっときれいです。発音のきれいな先生から教わったからだと思います。

 

一つ気になるところはその巻舌でしょうか。確かに普通話は英語と似ていて、巻き舌で発音するところが多いですね。あと20年、子供たちが大きくなったら、香港で普通話が普及する見込みはあるでしょうね。

 

さっそく、香港の小学生の普通話で語るストーリーを聞いてみましょうね!

👇クリック

香港の学校における普通話教育

香港の学校における普通話教育

返還前に、香港の幼稚園、小学校また中学校では、大体広東語か英語で教育を行っていました。いまだに、英語で教育を行っている学校の方が進学率が良く、人気があります。それは国際学校、いわゆるインターと呼ばれていますね。お金があれば、だれでも簡単に入れるというわけではありません。

人気のある幼稚園の入園面接は先生たちが子供の親と英語で面接を行っているそうです。親の英語力が高くなかったら、子供が幼稚園に入園できないぐらい厳しい状態でした。子供の家庭教育はインター学校側に重視されているらしいですね。

しかしながら、毎年大陸から香港に移住してくる大陸生まれ育ちの子供が山ほどいます。彼らは広東省出身だったら、広東語で教育を行っている学校へ転校すれば問題ないです。

ところが、香港の教育システムは大陸と違うため、どれほど大陸での優秀な学生さんでも、香港の学校へ転校するには、一年間留年が必要です。それと同様、香港の優秀な学生が中国の学校へ転校するにも、一年間留年も必要です。

そこで、広東省以外のところ出身の子供たちが広東語が分からないため、だいたい福建中学(メイン福建省出身)か蘇浙公学(メイン上海か上海あたり出身)に進学します。それは福建中学と蘇浙公学は普通話で教育を行っているからです。

ちなみに、香港の人気女優劉嘉玲(カリーナ・ラウ)さんもその蘇浙公学出身です。彼女は美人の多いところ――蘇州生まれ育ちです。彼女は中学校の頃、香港の蘇浙公学へ転校しました。蘇浙公学卒業後、香港の芸能界へ入りました。でも、広東語が喋れないため、当時非常にひどい目にあったそうです。それは蘇浙公学で普通話で教育を受けてきたわけだからですね。香港にいながらずっと普通話で生活していましたからです。彼女は香港の芸能界に入ってから、広東語を猛勉強したそうです。

広東語と北京語の違い 

広東語と北京語の違い

下記のビデオを見ながら、広東語の北京語の違いが分かるでしょう。

男性:Paulさん、広東語先生

女性:Maryさん、北京語先生

ポイント紹介:
広東語は北京語と違って、全体的に声のトーンが低いように聞こえますね。

広東語には9声ありますが、北京語には4声あります。

あなたは広東語が好きですか?それとも北京語が好きですか?

 

中国語、北京語や広東語、普通語などの違い具合

中国語、北京語や広東語、普通語などの違い具合

中国は幅広い国なので、北京語、上海語、広東語など多くの方言があります。

出身地から1000KM離れている町へ行ったら、隣町の人々が喋っている言葉をまるで外国語のように聞こえます。

中国人同士お互いが北京語でコミュニケーションしています。

中国語で言ったら、北京語を示しています。中国では一番人口が多い漢民族が話す言語でもあります。「漢語」とも言います。

というわけで<b>中国語=北京語=漢語=普通語=普通話=マンダリン</b>

中国、台湾、シンガポールで使われている言語です。

中国語で地方出身の年寄りに道を聞くとしたら、方言で返してくることがよくあります。

今の若者が皆訛らなく中国語が話せるでしょう。

<br>上海語</br>

中国語の主要な言語の一つである呉語の一方言です。大都市上海での方言です。

<br>広東語</br>

中国の華南地域広東省、香港、マカオの言語です。華僑らがコミュニケーションの言語です。

聞いた話では、20年ほど前に、海外の中華街では香港、広東省出身の人が多いため、皆広東語でコミュニケーションしていたそうです。中国大陸出身の人が海外の中華街でバイトを探すとき、広東語が喋れなかったら、なかなか職を見つけず、英語より先に広東語を勉強する傾向があったそうです。

しかしながら、今頃は中国が世界で注目されているため、北京語のほうが広東語より重視されるでしょう。

Load More Posts