香港の日本食ブーム

香港の日本食ブーム

香港は日本食が大変受入れられています。普通の香港人からみれば、日本食は健康的なイメージがあります。10年前の香港は本場の日本料理店が少なかったのです。この10年間、本場のラーメン店、お寿司屋さんだけではなく、また数多くの居酒屋が香港に続々と進出しています。

この間、ラーメン店「一蘭」が香港でオープンしました。真夏の7月に200人余りの香港人が4時間行列しました。たぶん多くの中国本土の人から見れば、89香港ドルのラーメンのために、炎天下4時間も並ぶのはとても考えなれないことでしょうね。

何故、日本食は香港人には受け入れられるのに、中国本土ではそれ程でもないのか、皆さんは考えたことがありますか?

香港の広東料理はさっぱりしていて、海鮮料理がメインです。香港は海に近いため、魚などの海鮮は中国本土より新鮮で、とりやすいというメリットがあります。それは日本食と似たような食文化ですよね。私の考えでは、それが理由で、和食が香港でブームになったかもしれません。

ラーメンは普通話で「拉面」(lā miàn) 、うどんは「乌冬」(wū dōng)と言います。

2017-12-23T16:07:24+00:00